外来

外来

ホーム  >  外来  >  診療科目  >  専門外来

診療科目

リハビリテーション科 呼吸器内科 消化器内科 内科 循環器内科
整形外科 皮膚科 小児科 眼科 泌尿器科
専門外来(ペインクリニック・東洋医学、頭痛外来、物忘れ外来、糖尿病外来、禁煙外来)

その他:放射線科/神経内科

ペインクリニック・東洋医学について

「ペインクリニック」を簡単に言えば、患者さまの痛み(ペイン)を専門的に診断・治療するところです。しかし、ただ単に痛みをとるだけでなく、治療により麻痺や痙攣、血行障害、花粉症、アレルギー、自律神経失調症などの症状も改善します。

このページの先頭へ

ペインクリニックの対象となる主なもの

痛み 全身 帯状疱疹、がんの痛み、脳卒中後後遺症の痛み、中枢性疼痛
頭部・顔面 片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛、舌咽神経痛、顔面神経麻痺
頸・肩 肩こり、むちうち症、頸椎症
胸背部 肋間神経痛
腰部 ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰痛症
下肢 坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症
麻痺・痙攣 顔面神経麻痺、顔面けいれん、眼瞼けいれん
血行障害 閉塞性動脈硬化症、バージャー病、突発性難聴
その他 アレルギー性鼻炎、自律神経失調症、多汗症
このページの先頭へ

西洋医学的治療法

ペインクリニックの西洋医学的治療法は大きく3つに分かれます。

薬物療法
神経ブロック療法(注射で治療)
レーザー療法(レーザーで治療)

このページの先頭へ

本科の特長的な治療法

医療が発展した現在でも、通常治療法(西洋医学)で治療しても中々痛みやしびれが治まらない慢性の痛みをお持ちの患者様に対して、当科では通常治療法(西洋医学)だけでなく東洋医学的アプローチを併用して行います。

図
このページの先頭へ

東洋医学的療法(遠絡療法・鍼治療)

経絡(つぼ)を押したり、鍼を刺入することにより、生命体の流れを繋ぎ、補強することによる難治性疾患に対する治療法です。
流れが障害された経絡(つぼ)を押すと痛みがありますが、流れがよくなると症状が改善するだけでなく、押すときの痛みも減少します。(不通則痛・痛則不通)

遠絡療法・鍼治療
生体の外部センサーを刺激して、生命体の流れをよくする。

漢方療法
内部センサーを刺激して、生命体の流れをよくする。

図

このような治療法で、体全体の調子を整えながら、難治性慢性疼痛をお持ちの患者さまのしびれ、痛みが改善した症例を経験しています。
難治性慢性疼痛をお持ちの患者さまの多くは、周囲の人々から痛みに対する理解が非常に得られにくいのが実状です。出来るだけ早く痛みの治療を開始することが何より大切です。西洋医学では治らないと感じている患者さまは、是非一度外来受診をしてみて下さい。痛みから解放されるかもしれません。

症例1:遠絡(経絡)療法と漢方療法の併用で
抗がん剤動注後のCRPSⅡの症状が劇的に改善した症例

50歳 男性、主訴:左手・前腕の痛み及び痺れ

現病歴:1年前に左肺尖部腫瘍に対して化学療法(動注)及び放射線療法を受ける。最初の治療の動注療法後に左上肢の完全麻痺を起こし、現在、リハビリにて肩と肘は少し動かせるが、指の動きは不可能。疼痛としびれが強く、オキシコンチン30mgでも疼痛コントロールは不十分な為、紹介受診される。

写真
【現症】左肩から手にかけて、自発痛・痺れおよびアロディニア、筋力低下、廃用性萎縮を認める。
写真 【経過】最初の星状神経節ブロック後、左手の痛みが増強した為、治療法を変更し、1)遠絡療法、2)漢方療法:桂枝加朮附湯 、真武湯、附子末 を併用する。 遠絡3回目で、手の痛みは殆どなくなる。但し、左上腕に重い痛みと痺れがある。治療開始1ヵ月半後、オキシコンチンを中止しても、疼痛がなく、痺れも軽減する。犬を抱っこすることや、両手で合掌することができ、職場に復帰できた。
写真 【考察】遠絡療法と漢方療法の併用は、CRPSの症状改善に対して相乗効果が期待される。

ご連絡先

医療法人茜会 北九州市立門司病院 ペインクリニック・東洋医学
代表 TEL:093-381-3581 / 内線 2620
このページの先頭へ